RAのインタビューがイスラエルの雑誌に登場2016/12/31 14:48

早いものでもう大晦日。『ホビット』シリーズが終わってしまって以来、管理人の怠慢さに拍車がかかり、今年は「リチャード、ごめんね」という感じのブログ運営になってしまいまして、申し訳ございませんでした。

年の締めくくりに、RA.netにあがっていた、珍しい(初めてですよね?)イスラエルの雑誌に載ったリチャードのインタビューです:




英語訳はこちら:

リチャードは『ホビット』でトーリンという複雑なキャラクター(映画で実現されたキャラクターの深みの表現)を演じることが出来た喜びを語っていますが、でもファン・コンベンションは行きたくないみたいです。サインをしてお金をもらうのとか、嫌だそうで、リチャードらしいですね。(^0^;)

『ベルリン・ステーション』は、スパイ物ファンの彼は楽しい仕事だったようですが、共演者がすばらしく、特にリチャード・ジェンキンズのことは俳優としても人としても大絶賛しています。

ホラーはやりたくなかったリチャードがなぜ『ハンニバル』に出たか、それはキャラクター(リチャードが演じたフランシス・ダラハイドも含めて)が心理的にとても複雑で単なるホラーではなく芸術の域に達した作品だったからとのこと。ただ、短い撮影期間ではあっても、夢でうなされたりけっこう辛かったみたいで、今後はもうやらなさそう。よかった。(^_^;)

それから、アメリカ暮らしを始めたリチャードですが、イングランドに戻りたくなっているようです!!
特に大統領選の結果を受けて・・・ということのようですね。
家族や友達もイングランドにいるし、やっぱり故郷が恋しいみたいです。
是非またイングランドで活躍してほしいですね〜!うれしいニュース!∈^0^∋

ではみなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい!

秋葉原コトブキヤでWeta Cave展3開催2015/07/12 15:08

7/16(木)〜7/20(月・祝)まで、コトブキヤ秋葉原館にて、第三回目のWeta Cave展が開催されます!\(^O^)/

「三度開催、旅の仲間にまた会える」ってキャッチコピーもいいですね。



以下、番頭のjadeさまが撮って下さった写真です:











以下、NEKOさまが撮影して下さったお写真なのですが、なぜかアップロードすると向きが横になってしまうものがあって・・・ごめんなさい、修正の仕方がわからず、失礼します。横から眺めてください(?) (^_^;)











『ホビットの冒険』講演会2014/04/17 23:01

こんな講演会がありますよ。


The Ballad of Bilbo Bagginsを読む『ホビット』キャスト2013/12/27 19:13

リチャード・アーミティッジ、マーティン・フリーマン、ルーク・エヴァンズ、エヴァンジェリン・リリー、ベネディクト・カンバーバッチという『ホビット』のキャストの面々がThe Ballad of Bilbo Bagginsを朗読しています。

終わり近くになってやっとリチャード、「ビルボ」以外の言葉を発するというのがちょっと不満ですが。

ところで、前からちょっと気になっていたのですが、もしかしてリチャード、けっこう老眼?なんだかいやに読みずらそうにしていません?The Vicar of Dibleyの時のHarryみたいに、メガネかけてくれてもいいのにね!

ymさまのNZ「思いがけない旅」第三部「ウェリントン周辺のロケ地」その(3)2013/09/11 06:43

ymさまの手記、最終章です。

              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そのあと、目玉のKaitoke Regional Parkへ。ここで裂け谷のセットが作られ、多くのシーンが撮影されました。著作権の関係で、ニュージーランドのどこへ行っても「ここは映画LOTRに出てくるあの場所」という標識はないのですが、ここだけはちゃんとあります。映画側が文句を言ったら、公園担当者が、「じゃ、裂け谷を探しに来て、この公園で迷子になった人の捜索にかかる費用はそちらが持つのですね」とチクリと皮肉を言ったら、許可がでたとか。



広くてきれいなところでした。






このような面白い標識がありました。それぞれの登場人物の身長が記されていました。




この近くでレゴラスの映画宣伝用の写真が撮られた場所があるので、そこでエルフの耳をつけ、ケープと刀でポーズする機会がありました。参加者で私たちのように喜んでコスプレを堪能した人もいれば、「結構です」といって遠慮した人もいましたが、やはりこういう時は少し恥ずかしくても、やった方がいいでしょう。

地図が貼ってあったのですが、この写真では少々見にくいかな?



小雨が降りしきる中、木の下でティータイム。紅茶やコーヒーや炭酸飲料と大きなマフィンやパウンドケーキのようなものを食し、壊れそうな吊り橋を渡って向こう岸の熱帯雨林風の景色を見に行きました。





最後にガンダルフサルマンゆかりのアイゼンガルドのロケ地に寄りました。

Harcourt Parkというところでした。





ガイドさんが「ほら、そこにエントがいるじゃない!」というので思わず見てしまいました。顔にみえるような、みえないような・・・



彼はそのあと、どこかから魔法使いの杖ガンダルフが使うような杖)をいくつか持ってきて、ここでガンダルフサルマンごっこをしましょう、と提案。

でも夕方でかなり寒くなっていたので、ちょっと写真を撮って、みな早々とバスに乗り込んでしまいました。


ホテルへ向か途中、最後のツアーのお土産が、映画のカリグラフィー担当の方が作成した私たちが訪れた箇所の地図でした。とても美しいので、近々額にいれようと思います。


ツアーは夕方5時半ころ終わり、私たちはホテルで荷物を受け取ってすぐにウェリントン空港へ向かいました。その晩にオークランドへ戻り、翌日解散だったので。ウェリントン空港では、大きなゴラム(ゴクリ)が出迎えてくれました。



盛り沢山な3日間でした。

車がないとみられなかったので友人たちに感謝しています。もっと時間があれば南島に行き、雄大な景色のロケ地を見られたのですが、今回は数日間しか行けなかったので、これが精いっぱいでした。思いがけない旅でしたが、行ってよかったと思っています。


           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


とてもお忙しい中、すてきな手記をお寄せいただいたymさま、本当に ありがとうございました!!≦(._.)≧



ymさまから送っていただいた追加の地図です:





どちらも素敵!