RAのインタビューがイスラエルの雑誌に登場2016/12/31 14:48

早いものでもう大晦日。『ホビット』シリーズが終わってしまって以来、管理人の怠慢さに拍車がかかり、今年は「リチャード、ごめんね」という感じのブログ運営になってしまいまして、申し訳ございませんでした。

年の締めくくりに、RA.netにあがっていた、珍しい(初めてですよね?)イスラエルの雑誌に載ったリチャードのインタビューです:




英語訳はこちら:

リチャードは『ホビット』でトーリンという複雑なキャラクター(映画で実現されたキャラクターの深みの表現)を演じることが出来た喜びを語っていますが、でもファン・コンベンションは行きたくないみたいです。サインをしてお金をもらうのとか、嫌だそうで、リチャードらしいですね。(^0^;)

『ベルリン・ステーション』は、スパイ物ファンの彼は楽しい仕事だったようですが、共演者がすばらしく、特にリチャード・ジェンキンズのことは俳優としても人としても大絶賛しています。

ホラーはやりたくなかったリチャードがなぜ『ハンニバル』に出たか、それはキャラクター(リチャードが演じたフランシス・ダラハイドも含めて)が心理的にとても複雑で単なるホラーではなく芸術の域に達した作品だったからとのこと。ただ、短い撮影期間ではあっても、夢でうなされたりけっこう辛かったみたいで、今後はもうやらなさそう。よかった。(^_^;)

それから、アメリカ暮らしを始めたリチャードですが、イングランドに戻りたくなっているようです!!
特に大統領選の結果を受けて・・・ということのようですね。
家族や友達もイングランドにいるし、やっぱり故郷が恋しいみたいです。
是非またイングランドで活躍してほしいですね〜!うれしいニュース!∈^0^∋

ではみなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい!

リチャード・アーミティッジのLove, Love, Love2016/10/22 07:09

ニューヨークRoundabout Theatre Companyで上演が始まっているリチャードがケネス役を演じるLove, Love, Loveについて、リチャードをはじめとするキャストや演出家などのインタビュー動画が見られます。(プレビュー観劇なさったEmmaさまに教えていただきました。彼女のレポもお読み下さいね)
お稽古風景も少し見られます。



リチャード、このRoundabout Theatreを英国のNational Theatreに匹敵するような文芸コミュニティだと評価していますね。きっとリチャードとっても、ブロードウェイでこの劇場、この作品と出会えて幸せなことだったに違いない!と聞いていてうれしくなりました。
私も遅ればせながら、原作の脚本を読んだのですが、1960年代のビートルズに代表されるフラワーエイジを生きたケネス(リチャードは19歳のオックスフォード大学の学生役!)とサンドラのカップルの1967年を描いた1幕、1990年の彼らが結婚して家庭と子供を持ち、自分たちの理想と現実の軋み、親子のすれ違い、夫婦の危機を描く2幕、そして2012年、リタイアした二人と、子供世代を囲む世界の変化、ベビーブーマー世代の功罪を問いかけて、無駄のない台詞が家族の悲喜劇を軽妙に描いた素敵な作品です。
ああ、観たかったな、リチャードの舞台!

リチャード・アーミティッジ、Urban and the Shed Crewについて語る2016/04/28 21:32

リチャードがBernard Hare原作のUrban and the Shed Crewの共演者やこの作品について、また扱われているストリート・チルドレンの問題について語っています。

日本での公開、実現してほしいですねえ!!

リチャード・アーミティッジのインタビューon David Copperfield Audio Book2015/12/22 22:43

ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』のオーディオ・ブックが、リチャードの朗読により、Audibleでもうすぐ(2月9日)発売されるにあたって、リチャードがTwitterでのファンからの質問に答えてくれています。

質問に答える時に、必ず質問者の名前を言ってから答えてくれて・・・私も質問すればよかった!!名前リチャードに呼んでほしかったよお。(^0^;)

リチャードのブルーの目が美しいです。表情豊かな眉の動きも。

リチャード・アーミティッジ インタビュー@Empire 2015年12月号2015/11/01 18:30



クリックで拡大すると文字読めるといいのですが。

おかしいです、かなりこのインタビュー。

ミルク1パイントの値段を聞くとか。

リチャードのお尻がどの程度毛深いかなんて、後で、「今まで聞かれてた一番下らない質問は?」ってところで、それだってやり返したリチャードえらい!(*^_^*)

リチャード、ニックネームを教えてくれませんでしたが、想像するに、「のっぽ」みたいなニュアンスのものだったのかも?

『ホビット』でもうファンタジーはお腹一杯だったんですね。Game of Thronesはすぐギブアップしちゃったみたい。
もうドラゴンはしばらく勘弁、っていうのに"I was dragoned out"なんて。リチャードって面白い!

しかし、『ホビット』撮影中にオルクリストで眉間に切り傷を負ったなんて知りませんでした。そんなことニュースになっていましたっけ?消えない傷になりそうだって・・(*_*)