リチャード・アーミティッジのインタビューon The Crucible2014/05/31 23:03

リチャード・アーミティッジの『るつぼ』についてのインタビューです。Old Vicの劇場でインタビューしています。

リチャード、この役にはすごい入れ込みようなんですね。ドラマスクールでかじって以来、いつかやりたいと思っていた役だそうで、この役をやったら自分が人間として変わるだろうと思っていたとのこと。
この10年間ジョン・プロクターという役の準備をしていたような気がするそうです!演じるには自らの中にこのキャラクターを見出す必要があったと言っています。このキャラクターの内の小さな炎が溶鉱炉のように燃えさかるに至る過程をどんな風に描き出してくれるのか、楽しみです!
リチャード、ますます素敵ですね!早く観たい〜!♥

コメント

_ jade ― 2014/06/01 10:28

ああ、びっくりした。16秒頃にポスターになってる写真が出てきた時、ジェリーかと思っちゃいました。髭面もすっかり様になりましたね。

ふむふむ、この役をやるためには、外側をあれこれと飾るのではなく、内面をジョンに変えなくてはならないのですね。でも、それってどの役でも言えることなのではないかしら。

_ dante ― 2014/06/02 11:43

素敵……。
このインタビュー聞くと、すっ飛んでいきたくなります!
(どこでもドア、落ちてないか?!)
はぁ〜、もうちょっと余裕のあるときだったら。
ご覧になった皆様のご報告を心待ちにしています!!

_ grendel's mum ― 2014/06/02 21:49

jadeさま、

ポスター、別記事にしましたが、ほんと、ジェリーに似てますよね。

danteさま、

ほんとにねえ、どこでもドアほしいですね。
私は8月半ばすぎに観劇の予定ですが、やっぱり千秋楽が見たいわ!!

_ jade ― 2014/06/02 22:21

ところで、例の社会派映画でほっぺについたお肉は落ちたようで、いつものスッキリとしたお顔に戻っていて、ホッとしました〜。(^_^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Richard Artmitageのイニシャルを記入してください。アルファベットの大文字二文字です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ympetre.asablo.jp/blog/2014/05/31/7332033/tb