トールキン展@ボドリアン図書館2018/06/01 06:03

オックスフォード大学、ボードリアン図書館で明日6月1日オープンのトールキン展(Tolkien: Maker of Middle-earth)にオープニング前日の式典とプレビューに、幸運にも滑り込んできました。

これ、名前の部分伏せましたが、出席者のバッジです。マグネットになっていて、挟んで使うもの。このデザインのブックマークも二種類ショップにあったなぁ。あれもやっぱりほしいかも。


Weston Libraryという新しい建物のエントランスホールでオープニングの式典(といっても、ごくカジュアル)スペースが。


図書館長の挨拶に続き、こんな写真じゃ分からないかもですが、後ろのパネルにあるように、トールキンの孫にあたるマイケル・トールキン氏が挨拶なさいました。小柄で、なんだかお祖父さまにそっくりです。

展覧会の方も見せていただきましたが、原画のすばらしさにうっとり。アーティストとしてのトールキンの側面も存分に楽しめます。
ホビットの原稿でも、GandalfをThorin変更した時のものとか、手稿原稿もいろいろありました。これは、ホビットとLoTRの原稿すべてを持っているアメリカ、マーケット大学所蔵のお宝の一つですね。
3Dで中つ国を見せるという面白い企画もありました。
トールキンの愛用していたパイプとか、昔の写真、彼のデスクとかも展示されていて、さまざまな角度からトールキンを感じられるすばらしい展覧会だと思います。

ショップの方もオープンしていて・・・


偶然ブライアン・シブリー氏が写っていますが、彼、カタログの限定エディションをお買い上げでした。


私は、三種類あったマグのうち、これを買いました。

あと、キーホールダー

やっぱりRAつながりで、これになっちゃったというか。
でも、ついつい行くたびに買っちゃいそうですね・・・。
とりあえず、展覧会の峰は、明日のオープニングから10日ほど、毎日通います。(^o^)

追記1)
オープニングの10時、行ってきました。一回に入れる人数をかなりちゃんと制限しているので、日本の展覧会みたいなぎゅうぎゅうの状態では全くなく、静かに見られる感じです。
30分ごとに入れ替わる想定だと思いますが、30分で出ていかない(私みたな)人が多くて、10:30過ぎになるとちょっと混んできました。

今日しみじみ思ったのは、エディスの写真とか、J.B.スミスからのトールキンへの遺言(自分の果たせなかった夢を託すっていう)など、涙なしには見られない、とても個人的なコレクションを見られた幸せでした。
子供達のために書いた絵から溢れ出る、トールキンの暖かな愛情。感動的でした。

そして結局展覧会の後はまたショップへと足が向き・・・



これとカタログの違いはといいますと、カタログの一部がここに載っているのですが、細部を拡大したものが沢山あって、とにかく驚くほど緻密な筆致のアートワークが多いので、これも買わねば!なのです。

コメント

_ jade ― 2018/06/01 18:41

GMさま

ああああああ〜〜〜〜〜!!! 裏山にシイが生えまくりですわよ!
毎日行けるなんて、いいなぁ。お財布には危険ですけどね。
これらはオンラインでも買えるのですね。

ブライアン・シブリーのお顔ご存知なのですね。わたしはCDでの声しか知りません。またBBCの聴きたくなっちゃう。

マイケルさん、本当におじいさまそっくりですよね。
他にも作家になっているもっと若い人がいますが、トールキンの名で作家をやるのはきつくないかしら。絶対に較べられちゃうもの。

_ grendel's mum ― 2018/06/02 04:54

jadeさま、

はい、オンラインでも購入可能だと思います。
ここにリストされてますよ!
https://bodleianshop.co.uk/collections/tolkien-maker-of-middle-earth

上にあらたに誘惑に負けた品を追加しました。

_ Sooty ― 2018/06/02 06:25

皆さま、どうもご無沙汰しております。
gmさま、早速のレポートをありがとうございます。

幸運にも、初日の今日(6月1日)私も第1回の観賞をしてくる事ができました。

実は昨日、gmさまがおそらく、丁度オープニング式典&プレビュー&購買アクティビティーを堪能していらっしゃる頃、しばらく離れていたオックスフォードへ私、戻って参りまして。バスを降り、歩き始めてすぐ Tolkien 展の広告塔(gmさま撮影のブライアン・シブリーさん、ご近影右上のポスターの特大版)が目に入り、宿へ着く前からわくわく。昨晩はgmさまと電話でお話したあと、日本でプリントアウトしてきた予約票を見ながら「明日だ明日だ私も」と喜んでいた次第です。

無料のエキシビションなので、予約というのは今日15.00〜15.30に入場する権利だけ事前に押さえていった訳ですが。15分位早く入口に着いたら、その時点で人が溢れているという程の状況ではなかったので、さっと中へ入れてくれました。とはいえ後から人が増え始め、小1時間ほど観賞させてもらって今日のところは退場しましたが。

教授の直筆アイテムや、生前のご愛用品以外にも本当、魅了されるものが多かったです。電飾3Dミドルアースや、語学の実力テスト(?)や基礎力をたかめよう(??)コーナーなど。エルフの、ネイティヴの人(???)の発音サンプル聴けてよかった。

そしてgmさまもご覧になった、教授の手書きの Thorin の文字。ぱっと目に飛びこんできたとき、まあ、古文書なんですけど、まるで親しい身内の名をそこに発見したかのような。何なんでしょう。なつかしい、嬉しい気もちになりました。

大河的なストーリーに誤りや混乱が生じないよう、教授が時系列を整理したスプレッドシートは完全に、エクセルのプリントアウトの手書き版だと思いました。情報量ものすごい。長編小説書くのに、こういうの作る作家、最近は多いんだろうなと……エクセルで。じっくり見たかったのですが、ホビット撮影中のPJを彷佛とさせるボディの、ファンの男性が長い事、文字通り、はりついていたので今日は諦めました。また読みに行きます!

_ grendel's mum ― 2018/06/03 05:31

Sootyさま、

そうそう、あの緻密なスプレッドシート、まさにマニュアルのエクセルですよね。あれはマーケット大学の所蔵品で、一度見せてもらったことがあります。今回展示されている絵を見ても肉筆の文字を見ても気付かれたかと思いますが、トールキンってほんとに目が良かったんだろうなと思います。老眼と無縁だったんだろうか?!

明日はご一緒に展覧会見られるの、楽しみです!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Richard Artmitageのイニシャルを記入してください。アルファベットの大文字二文字です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ympetre.asablo.jp/blog/2018/06/01/8863774/tb