Majestic Thorin: He is a hard act to follow!2013/08/09 07:02

エイダン・ターナー(キーリ役)とディーン・オゴーマン(フィーリ役)のコミコンでのQ&Aの動画です。

リチャードのトーリンについて、すっごく褒めてくれていて、うれしくなったので、ご紹介。
6分38秒ぐらいのところからご覧下さい。

このブログでもOakentoonなどでご紹介しましたように、リチャードが演じるトーリンがいかに"majestic"かというのは、笑えるぐらいぴったりなわけですが、それを念頭にどうぞ:

Q: Do you think your characters will be just as majestic as Thorin one day?

A: I don't thin we can beat Thorin any way, he is the coolest guy; working with Richard a lot over the las couple of years and seeing him recently for the reshoots, he is just such a hero. He is so majestic and so graceful and brilliant and as a character he is incredibly inspirational as well as the person. So I have no trouble playing second fiddle to Thorin. Yeah, he is a hard act to follow.

こ〜んなに褒めてくれちゃって〜、エイダン・ターナーの株、急に上がっちゃいました。(^o^)

コメント

_ jade ― 2013/08/10 00:19

おおお、すごい褒め様ですね。Majestic は、この前のスレのマンガやツイッターなどでも、トーリンのキーワードになっていますね。

一応、上記の部分だけ訳を載せておきます。

Q;あなた方のキャラクターは、いつの日かトーリンと同じくらい威厳が出ると思いますか。

A:ぼくたちはトーリンにはどうあっても勝てないと思う。彼は最高にかっこいい男だもの。リチャードとこの2年間一緒にたくさん仕事をして、つい最近も戦闘の撮り直しのために会ったけど、彼はほんとうにああいうヒーローだよ。とても威厳があって、優雅で、才能にあふれていて、人間としてもキャラクターとしても、信じられないくらいに刺激を与えてくれるんだ。だから、トーリンの下になるのはちっとも難しいことではなかった。
D:彼はすごすぎてとても太刀打ちできないよ。

_ grendel's mum ― 2013/08/10 00:27

jadeさま、

いつも怠慢な管理人のサポート、すみません。(∩.∩)

_ 通りすがり ― 2013/08/10 00:52

キーリ役は「エイドリアン」ではないと思いますがー

_ grendel's mum ― 2013/08/10 03:32

通りすがりさま、

うわ、すみません!エイダンでしたね。大変失礼しました!
もしかして、エイダンのファンでいらっしゃいますか?

_ grendel's mum ― 2013/08/10 03:35

というわけで、上の記事、すみません、名前訂正しました。
きゃ〜、ごめんなさい、キーリくん!
Majesticなトーリンおじさんに気をとられすぎていて〜。(__;)

_ 昨日の者です ― 2013/08/10 14:22

早速対応していただいて、ありがとうございました。
エイダンのファンではなく、もちろんリチャードのファンです!
いつも楽しく拝見させていただいてます。
HN持っていないので、失礼な名前ですみませんでした。
それにしてもこれほどベタ褒めとは、今後の3人のシーンが
楽しみになります。

_ jade ― 2013/08/10 15:34

通りすがり/昨日の者です さま

いらっしゃいませ。番頭のjadeです。このまま何かHN付けてリチャード・ラブのお喋りに参加なさいませんか? 諸手を上げて歓迎致します!

さて、もう来年のスペイン版カレンダーが出ています。これ、今のうちに写真を確保しておいて下さい。いつまでここに載っているかわかりません。

http://www.vistoenpantalla.com/ffotosprod.asp?image=http://mm3.vistoenpantalla.com/imagenes-productos/calendario-2014-the-hobbit-la-desolacion-large.jpg&desac=0&idprod=41710&titulo=Calendario+El+Hobbit:+la+desolaci%F3n+de+Smaug+2014.+En+ingl%E9s+y+espa%F1ol

ここで、右下の所にご注目! この後ろ姿は人間の姿のビヨルンではないかと思われます。
TORn によると、最初に公開された巻物形式のポスターの熊の姿のビヨルンの首から背中のところの毛と思われるからです。
しかも、TORn に今朝は載っていたカレンダーの写真が、ワーナーからの要請で取り下げられました。ということは、これは正にビヨルンだということですね。

http://news.mymiddleearth.com/2013/08/09/spanish-desolation-of-smaug-calendar-pics/

http://www.theonering.net/torwp/2013/08/09/76752-sd-calendar-reveals-a-new-image-of-beorn-in-human-form/

Middle Earth News で、ここだけ拡大した写真がご覧になれます。
http://news.mymiddleearth.com/

_ grendel's mum ― 2013/08/10 15:48

通りすがり/昨日の方、まあ、うれしい!リチャードのファンでいらっしゃいますか!それなら是非こちらにもおしゃべりにいらして下さいませ!お仲間が増えるのは何よりの幸せ。はい、しっかり者の番頭さん、jadeさまがおっしゃるとおり、大歓迎ですよ!

jadeさま、

ベオルン、なんだか鏡獅子みたいな髪型ですね。ちょっと怖そう?
カレンダーもいいですね。ありがとうございます。

_ jade ― 2013/08/10 15:55

こちらにも拡大写真が載っています。なんだか、歌舞伎の獅子の鬘の短いのみたい。束教授の描写とはかけ離れているということで、大分議論を呼びそうです。なんか、半狼男とか、スカンク男とか言われていますが・・・。Twitter ではスカンクの尻尾みたいなんて言われていました。

http://www.comicbookmovie.com/fansites/nailbiter111/news/?a=85167

それから、Tolkien Library に、新しい挿絵の『ホビット』の本が紹介されています。97年のアラン・リーの本以来です。

http://tolkienlibrary.com/press/1091-the-hobbit-illustrated-jemima-catlin.php?564&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+TolkienLibrary+%28Tolkien+Library+Site+News%29

Jemima Catlinによる150枚のイラストが入っています。ハードカバーと、箱入りのデラックス版があります。

彼女は、英国ボーンマスの芸術学校の卒業生で、イラストの学位課程のために創作したものを、出版者のDavid Brawnに送って見いだされました。

彼女の作品は、鉛筆、インク、水彩を使っていて、『ホビット』のために地元の神話や古典的な妖精物語とトールキン自身のイラストからインスピレーションを得ています。

なるほど、だからビルボのイメージがなんだかどこかで見たような懐かしい感じだと思った訳ですね。束教授の絵とイメージが似ているんです。

_ まあちゃん ― 2013/08/11 10:03

おはようございます^^

GMさま
ほんと、すごい賞賛ぶりですね^^ 残り2作の3人の絡みも楽しみですね^^

通りすがり/昨日の方さま
初めまして、まあちゃんです^^ よろしくお願いします^^ いろいろお話しましょう^^

Jadeさま
カレンダーありがとうございます!これ、ほしいですが、できれば日本語版か英語版がいいかも。

そうそう、第2部はLAでワールドプレミアになりそうで、第3部はロンドンみたいな記事が。。。(3部に関しては推測っぽいですけど)

http://www.inquisitr.com/897770/the-hobbit-the-desolation-of-smaug-world-premiere-in-los-angeles/

LAに今年の12月12日か13日か。。。(何気に子供の学校のスケジュールを確認^^;)冬休み1週前で行けないことはないけれど。。。(Emmaさまと相談!?)

_ Emma ― 2013/08/11 11:45

まあちゃん

USオフがシリーズ化?!12月13日にUS上映開始、それに先駆けて11月下旬かな、って予想されてますけど、11月28日が感謝祭で多くの人は4連休。US全土の空港は毎年超混雑。
そのうえ11月27日からハヌカ。映画関係者はユダヤ人多いけれどハヌカの最中でもレッドカーペットするのかしら。ビジネス最優先?でもハヌカの最終日(8日目)にはさすがにやらないだろうなあ。
なんか12月の初旬(5日~8日のどこか)の気がしますが、まあちゃん都合大丈夫?
LAは招待券不要?まあちゃんがまたラッキーに当てる?航空券やホテル手配するにもまずは日が決まらないと ← すっかり行く気になってる人 苦笑

_ Emma ― 2013/08/11 12:17

jadeさま

スカンクの尻尾!やだ~ あれって田舎道を走っている時の恐怖のひとつです!もうひとつの恐怖は鹿。あと東部の地方によってはアーミッシュの馬車です。
鏡獅子、これは日本人しか発想しないかも?賛否あるにしても、早く見たいですね。
スペインのカレンダー。リチャードのトーリンの月だけでも欲しいです♪

通りすがり/昨日の方さま

はじめまして。US住まいのEmmaです。
ぜひともHN考えて参加していただきたいです。
我が家の仔の名前からいかがです? Lizzy, Darcy, Eddy, Freddie。以前はLydia, Cathy, FannyとEmmaもいました。
さすがにリチャードにふさわしいハンサムな仔はいないので、見事にオースティンばかり 笑

_ grendel's mum ― 2013/08/12 05:51

jadeさま、

私もjadeさまも二人とも鏡獅子を連想したんですね。
スカンクはアメリカならではって感じですね。

Emmaさま、

スカンクを間違って轢いちゃうと、臭くて大変なことになるって聞いたことがあります。それにしてもアーミッシュの馬車というのはすごいですね。
アイルランドだと羊ですね、断然。

まあちゃん、

LAですか!「国内」旅行だし、Emmaさまもすっかり行く気になってるみたいだし(^0^;) これはもう頑張って言ってレポートして下さい!

_ Emma ― 2013/08/12 07:46

gmさま

轢かれたスカンクがいると翌日もその一帯が強烈臭い!被害にあった犬を洗う液は売ってますけど、車ははて?
保守的なアーミッシュは灯をつけず、真っ黒い馬車の後ろに蛍光塗料の印をつけないので夜道ではドライバーなかせです。
アイルランドなら確かに羊ですね。ヨセミテ近くで牛のおしりに突っ込みかけました。牛でなくて鹿でも車壊れますから怖いですよ。

そう、リチャードがLA来てくれるのなら、同じく国内旅行組み、と言ってもお互い片道5時間の飛行ですが、まあちゃんと黄色いバラのコサージュ振って、例のN&Sの台詞を叫ぶつもりです。まだ予定。
12月初旬ではgmさまの参加にはタイミングが悪そうですね。

_ まあちゃん ― 2013/08/12 09:08

おはようございます!

Jadeさま、GMさま、Emmaさま
スカンクってあまり見たことがなかったので写真を見てピンときませんでしたが、あ~あのにおいが強烈な動物ですよね!実はオハイオ州にいるときによくにおっていて、ある日友人のアメリカ人に「このにおいよくするけど、いいにおいだよね」と言って大ひんしゅくをかいました!まあその彼女からは「においが風に乗って流れてきてるから薄まってるけど、スプレー直後なんて悲惨」とのことでした!!!

Emmaさま、
まずは日程次第ですよね。。。12月5~8日か。。。冬休み2週前に3日ほどの休ませるとなると。。。(教育ママじゃなかったのか!?)ハワイの小学校の校長からはすでに新学期を1か月半遅れで転入に「家で勉強するように」とまで言われてるんですが。。。^^; でもまあこれも風任せというか、とりあえずリチャードが出席で日程みて、行ける風ならばチケットもホテルもさくっと取れることでしょう^^ (って楽観的過ぎ?)

GMさま
というわけで無事に行けましたら、レポートいたします!!!^^

_ grendel's mum ― 2013/08/13 04:59

Emmaさま、まあちゃん、

あ〜ん、12月初旬では身動きとれませんから、LA行けるものなら行きたいですが、無理ですねえ。(v_v)

でもお二人のレポートに期待します!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Richard Artmitageのイニシャルを記入してください。アルファベットの大文字二文字です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ympetre.asablo.jp/blog/2013/08/09/6941057/tb